くらし情報『スパムメール、人口比率のワースト送信国は「モルドバ」』

2015年5月2日 10:00

スパムメール、人口比率のワースト送信国は「モルドバ」

スパムメール、人口比率のワースト送信国は「モルドバ」
SophosLabsは世界中のスパム活動を追跡しており、定期的に「スパム送信国ワースト12(Dirty Dozen Spampioonship)」としてまとめている。4月29日に発表したスパム送信国ワーストリストでは、前回に続き米国がトップとなった。

2位はベトナムで、前回の6位から一気に2位に浮上、ついでウクライナ(3位)、ロシア(4位)、韓国(5位)、中国(6位)と続いている。残りの6カ国は以下のようになっている。

人口比率別に見るとランクングは少し変わり、小国のモルドバがトップとなった。モルドバはこれまでスパム送信国ワースト12に入ったことがなく、今回初のランクインとなる。ホスティングプロバイダのサーバーからのスパム、家庭のコンピューターのゾンビマルウェアの問題などが重なり、いきなりの1位となった。

今回のランキングから言えることはなにか? スパムは世界中から送信されている。つまり、サイバー犯罪者は自分たちのマルウェアに多数のコンピューターを感染させることでスパムを送るが、これを阻止するのは難しいということだ。

スパムを送っているコンピューターはすべてセキュリティ上危険な状態にあり、スパム送信を停止するにはマルウェアを一掃する必要がある。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.