くらし情報『『ハリポタ』のラドクリフ、最新作の角姿に大満足!「途端に気に入った」』

2015年5月2日 15:00

『ハリポタ』のラドクリフ、最新作の角姿に大満足!「途端に気に入った」

『ハリポタ』のラドクリフ、最新作の角姿に大満足!「途端に気に入った」
『ハリー・ポッター』シリーズで主人公ハリー・ポッターを演じたダニエル・ラドクリフが、主演最新作『ホーンズ 容疑者と告白の角』(5月9日公開)で頭に不思議な力を持つ角(ツノ)が生えてくる破天荒なキャラクターに挑戦。その角姿に本人も大満足しているという。

ホラー界の貴公子と呼ばれるジョー・ヒルの長編小説『ホーンズ 角』を原作とする本作でラドクリフが演じるのは、恋人殺しの汚名を着せられ苦痛の日々を送る主人公のイグ。ある朝、だれもが真実を語り出す不思議な力を持った角が生え、この"告白の角"を使って恋人メリン(ジュノー・テンプル)殺しの真犯人を探し出す。

ラドクリフは自身の角姿について「角のことを、少し見せびらかしたくなったよ! 角は僕に自信を与えてくれたんだ。つけていて本当に楽しかったよ」とコメント。「もっと愚かに見えるのかと心配だったけど、つけてみた途端に気に入ったし、かっこいいとさえ思ったよ! ずっとつけていられると思ったくらいだ。それにとても満足していたしね」と気に入っていたと明かした。

メガホンをとったフランス人新鋭監督のアレクサンドル・アジャは「実は小説で描かれる角は、ハロウィンの小道具のようで、いかにも作りものだったんだけど、もっと自然でリアルなものにしたかったんだ」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.