くらし情報『本田礼生、初参加の『刀ステ』一期一振役で「葛藤を生きる」演劇に恩返しの気持ちも』

2021年1月16日 09:00

本田礼生、初参加の『刀ステ』一期一振役で「葛藤を生きる」演劇に恩返しの気持ちも

本田礼生、初参加の『刀ステ』一期一振役で「葛藤を生きる」演劇に恩返しの気持ちも

2021年、新作2部作を連続上演する、TBS開局70周年記念 舞台「『刀剣乱舞』-大坂冬の陣- / -大坂夏の陣- Supported by くら寿司」。『刀ステ』と呼ばれる同シリーズは、名立たる刀剣が戦士へと姿を変えた“刀剣男士”を率い、歴史を守るために戦う刀剣育成シミュレーションゲーム『刀剣乱舞-ONLINE-』を原案に舞台化し、圧倒的な人気を博している。

最新公演である2021年の2公演はシリーズ最大規模となり、360°の回転ステージであるIHIステージアラウンド東京で現在上演中だ(大坂冬の陣:1月10日~3月28日、大坂夏の陣:4月~6月)。今回は、舞台「『刀剣乱舞』天伝 蒼空の兵 -大坂冬の陣-」で新たに一期一振を演じることとなった本田礼生にインタビュー。『刀ステ』シリーズの魅力や、演劇への思いについても語ってもらった。

○■時代を牽引する『刀ステ』に初参加

――今回本田さんは一期一振役として舞台『刀剣乱舞』に初参加となりますが、出演が決まった時の感想はいかがでしたか?

長く続くシリーズの10作目ということは、きっとこれまで応援してくださっているファンの方と一緒に作りあげている部分があると思うんです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.