くらし情報『Universal Windows AppsとDirectX 12から見るWindows 10 - 阿久津良和のWindows Weekly Report』

2015年5月7日 13:43

Universal Windows AppsとDirectX 12から見るWindows 10 - 阿久津良和のWindows Weekly Report

Universal Windows AppsとDirectX 12から見るWindows 10 - 阿久津良和のWindows Weekly Report
前回も述べたように、Microsoftは4月29日から5月1日(現地時間)までの3日間、米サンフランシスコで開発者向けカンファレンス「Build 2015」を開催した。今回は初日の基調講演以外の情報をピックアップし、Windows 10周辺の情報を整理する。

○すべでのデバイスで動作する「Universal Windows Apps」

Build 2015のセッションを俯瞰すると、Microsoft Azureなどエンタープライズ製品を除けば、Universal Windows Apps(UWA)をテーマにした講演が多いことに気付く。UWAの概念自体は目新しいものではなく、2010年9月にリリースしたWindows Phone 8.1までさかのぼる。MicrosoftはWindowsストアアプリとWindows Phoneストアアプリのコードを共有することで、開発コストの軽減やプラットフォームの一元化を目指していた。

そして「One Windows」という旗の下、PCやモバイルデバイスだけでなく、Xbox OneやIoTデバイスなどまで展開するのが現在のUWAだ。

Build 2015のセッションではUWAの開発について、アプリケーションの基本設計やガイドライン、具体的なコードの記述方法などを説明した。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.