くらし情報『西島秀俊、妻を失った舞台俳優役に 村上春樹短編実写化『ドライブ・マイ・カー』』

2021年1月25日 07:00

西島秀俊、妻を失った舞台俳優役に 村上春樹短編実写化『ドライブ・マイ・カー』

西島秀俊、妻を失った舞台俳優役に 村上春樹短編実写化『ドライブ・マイ・カー』

俳優の西島秀俊が、映画『ドライブ・マイ・カー』(2021年夏公開)の主演を務めることが25日に明らかになった。

同作は村上春樹の同名短編小説に惚れ込んだ濱口竜介監督の最新作。妻を失い、喪失感のなかで生きる舞台俳優・家福と、寡黙な専属ドライバー・みさきという孤独な2人が、愛車サーブを通して出会い、一筋の希望にたどり着くまでを描く。

主演の西島はこれまで数多くの作品で難役を演じてきたが、本作では愛する妻を失った舞台俳優の家福役に挑む。ヒロイン・みさき役には三浦透子、物語を大きく動かすキーパーソンの俳優・高槻役には岡田将生、秘密を抱えたままこの世を去る家福の妻・音役には霧島れいかが決定した。
○西島秀俊 コメント

村上春樹さんの短編を濱口竜介監督が映画化する。その話を聞いた時、非常に興奮しました。濱口監督による熱のこもった脚本は想像以上に素晴らしく、いまを生きる多くの人の心に寄り添う作品になっていると確信しています。初めてご一緒した濱口監督の演出は新鮮で、撮影を重ねる度に新たな発見がありました。美しいロケーションのもと、スタッフ、国を超えて集まったキャスト一丸となって挑んだ作品です。是非完成を楽しみにお待ち下さい。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.