くらし情報『東京都・目黒雅叙園で"夏のイルミネーション"- ねぶた等日本の祭りとコラボ』

2015年5月25日 10:18

東京都・目黒雅叙園で"夏のイルミネーション"- ねぶた等日本の祭りとコラボ

東京都・目黒雅叙園で"夏のイルミネーション"- ねぶた等日本の祭りとコラボ
「和のあかり展」実行委員会は、和のイルミネーションを展開する「和のあかり×百段階段」展を開催する。会期は7月3日~8月9日、開場時間は日曜日~木曜日が10:00~18:00(最終入館17:30)、金曜日・土曜日が10:00~19:00(最終入館18:30)。会場は目黒雅叙園 園内・東京都指定有形文化財「百段階段」。入場料は当日券1,200円、園内前売800円、前売券1,000円、学生600円。

同展は、目黒雅叙園における企画展では史上初の、全時間帯において写真撮影可能なイベント。会場となる百段階段には、昭和初期を代表する126枚の日本絵画に囲まれた部屋が7つあり、「日本の祭りのあかり」、「和紙のあかり」、「草木が照らすあかり」など、日本人が愛してきた風情ある"和のあかり"が各部屋をともし、夏のイルミネーションとして彩り、園内のパブリックスペースやレストランなどを含めると合計12種類のあかりが公開される。

また、今回の目玉はとなるのは、日本屈指の祭り「青森ねぶた祭」の「ねぶた」のあかり。本場でも、「ねぶた」のあかりはなかなか間近で見ることができないという。展示を担当するのは、流派が異なる4名による若手ねぶた師集団「ねぶた屋」。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.