くらし情報『バルミューダ、まさかのトースター開発 - スチームと温度管理で焼きたてパンを再現』

2015年5月27日 20:35

バルミューダ、まさかのトースター開発 - スチームと温度管理で焼きたてパンを再現

バルミューダ、まさかのトースター開発 - スチームと温度管理で焼きたてパンを再現
●扇風機のバルミューダがトースターを作った?
バルミューダは5月27日、「究極のトースター」と銘打った「BALMUDA The Toaster」を発表した。同日、都内で開催された製品発表会には、バルミューダ 代表取締役社長の寺尾玄氏が登壇し、開発秘話などを語った。

バルミューダというと、扇風機やサーキュレーター、暖房器具、加湿器、空気清浄機など空調関係の家電メーカーであるイメージが強いが、今回のBALMUDA The Toasterで調理家電の分野に進出する。合言葉は「Hello Kitchen!」だ。

○トースターにスチーム機能を追加

BALMUDA The Toasterは、スチームテクノロジーを搭載したトースター。天面に注水口が設けられており、小さじ1杯(5ml)の水を注いでからトーストを開始する。すると、注がれた水はスチームとなり、庫内に充満。庫内は湿度が高い状態となり、その中のパン表面には薄い水の膜ができる。パン表面を水の膜で覆ってから、上下ヒーターによって加熱をスタート。気体よりも水分のほうが早く加熱されるため、パン表面はすばやくさっくり硬くなり、内部に水分を閉じ込められる。

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.