くらし情報『フレンチ「ogino」の系列店で、エスニックソーセージ3種を新発売』

2015年5月28日 12:26

フレンチ「ogino」の系列店で、エスニックソーセージ3種を新発売

フレンチ「ogino」の系列店で、エスニックソーセージ3種を新発売
日本エスニック協会は5月29日、同協会のアンバサダーが監修するエスニックソーセージ3種を「ターブル・オギノ」全店で発売する。価格は、ソーセージ2本入りで各853円(税込)。

このほど販売するソーセージ3種は、エスニックソーセージと呼ばれるもの。材料には、肉以外にもさまざまなハーブやスパイスを使い、国や地域、家庭によって、練り込む材料や調理法が違うという。

同商品の監修を務めた同協会のアンバサダー・氏家アマラー昭子さんは、日本におけるタイ料理の第一人者とされている。同じく監修を行った渡辺玲さんは、料理教室を主宰しており、テレビや雑誌などでも活躍中とのこと。

「サイウアソーセージ(タイ)」と「アマラースペシャルソーセージ(タイ)」は氏家さんが監修を務めた。サイウアソーセージは、タイ北部のチェンマイが発祥であることから、通称「チェンマイソーセージ」とも呼ばれる。材料には、豚肉、カレー粉、バイ・マックルート(こぶみかんの葉)などを使い、爽やかなかんきつ系の香りが楽しめるという。

アマラースペシャルソーセージは、氏家さんオリジナルのタイ風ソーセージ。材料には黒こしょう、パクチーの根、にんにくなどのスパイスを使い、きくらげや春雨などのめずらしい食材も使用している。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.