くらし情報『睡眠の質向上のため、大塚家具が提案する"眠りの改善プロジェクト"がすごい』

2015年6月3日 14:18

睡眠の質向上のため、大塚家具が提案する"眠りの改善プロジェクト"がすごい

睡眠の質向上のため、大塚家具が提案する"眠りの改善プロジェクト"がすごい
IDC大塚家具が6月21日まで全国のショールーム15店舗で眠りの改善プロジェクト「グッドスリープフェア」を開催中だ。同社では、在籍する眠りのプロフェッショナル「スリープアドバイザー」が、眠りに関するさまざまな悩みの相談に応じるサービスを提供している。

3月末の取締役会で、前会長の大塚勝久氏との「お家騒動」の末、代表取締役社長に大塚久美子氏が再任され、"新生・大塚家具"として再スタートを切った同社。秋口までに全国のショールームのリニューアルを図る計画を表明しているが、5月30日にまず東京・銀座本店のリニューアルを行った。

中でも全面的な改装が行われたのは、9階の寝具フロア。リニューアルのテーマを「眠り」とし、ベッドなどの寝具だけでなく、インテリアや他の快眠グッズとともにコーディネートした4つのコンセプトブースの設置や、快適な睡眠環境をつくるためのノウハウをわかりやすく解説した「Good Sleep Labo」の設置がリニューアルのポイントだ。

スリープアドバイザーによると、質の高い眠りで大切なのは、眠りの「リズム」とのこと。睡眠には「ノンレム睡眠」と「レム睡眠」があり、それぞれ約90分のサイクルで交互に繰り返している。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.