くらし情報『高良健吾、尾野真千子のハグエピソードに触発「自分も親にしてみよう」』

2015年6月8日 11:00

高良健吾、尾野真千子のハグエピソードに触発「自分も親にしてみよう」

高良健吾、尾野真千子のハグエピソードに触発「自分も親にしてみよう」
俳優の高良健吾、女優の尾野真千子が7日、東京・スペースFS汐留で行われた、映画『きみはいい子』のプレミア試写会に出席した。

中脇初枝の同名小説を実写化した本作は、子どもと大人をめぐる問題を描く群像劇。問題に真正面から向き合えない小学校教師・岡野(高良)、自分の娘に暴力をふるってしまう母親・雅美(尾野)らは、悩みを抱えながらも小さな一歩を踏み出していく――というストーリーで、映画は27日から全国公開する。

教師役に初挑戦した高良は、「子どもたちとちゃんと向き合えるか、すごく不安だったけど、素直にただ楽しく大変だった」と振り返り、「見て見ぬふりができないテーマ。『子どもたちを大切にすれば世界は平和になる』ってことを本当だと思いたい」と胸を張ってアピール。一方、虐待をする母親という難役を演じた尾野は、「見えないところで私の手や助監督の足を叩いてました。トラウマにならないように、1カット終わるたびにギュッとハグしました」と子役に気遣いながらの撮影を明かした。

また、"抱きしめられたい"という本作のキャッチコピーにちなみ、尾野は、「実家から帰る時は、母親と『またね!』ってハグしてる。ここ1年は、父親ともやってる。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.