くらし情報『永瀬廉、日本アカデミー賞授賞式で『弱ペダ』スピーチ「厳しい坂をこれからも…」』

2021年3月19日 21:43

永瀬廉、日本アカデミー賞授賞式で『弱ペダ』スピーチ「厳しい坂をこれからも…」

永瀬廉、日本アカデミー賞授賞式で『弱ペダ』スピーチ「厳しい坂をこれからも…」

第44回日本アカデミー賞の授賞式が19日、東京・品川のグランドプリンスホテル新高輪にて行われ、受賞者が登場した。

新人俳優賞には服部樹咲(『ミッドナイトスワン』)、蒔田彩珠(『朝が来る』)、森七菜(『ラストレター』)、岡田健史(『望み』『ドクター・デスの遺産-BLACK FILE-』『弥生、三月-君を愛した30年-』)、奥平大兼(『MOTHER マザー』)、永瀬廉(『弱虫ペダル』)が選ばれた。

永瀬は「これからもまだ自分が出会ったことのないような自分に出会えるように、出演させていただく作品に少しでも華を添えられるように頑張っていきたいと思います」と意気込む。自身の出演した『弱虫ペダル』にからめて、「弱虫にならず、エンターテインメントという厳しい坂をこれからも登り続けていきたいと思います」と心境を表した。

また、野球部でも活躍していた岡田は「かの有名な、三冠王を三度獲得した落合博満氏はこう言いました。『ダイアモンドを回っている瞬間にはホームランを打ったという事実はもう過去のことだ』と。『だからガッツポーズをしないのだ』と」と名言を引用。「大変光栄なことではありますが、一喜一憂することはなく、目の前の刹那と向き合えるような役者でありたいです」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.