くらし情報『東邦大、東京・大森にてがんの早期発見に向けたPET-CTドックを開設』

2015年6月12日 13:51

東邦大、東京・大森にてがんの早期発見に向けたPET-CTドックを開設

東邦大、東京・大森にてがんの早期発見に向けたPET-CTドックを開設
東邦大学は6月12日、6月15日より同大医療センター大森病院の先端健康解析センターにがんの同期発見につながるPET-CTドックを先端健康解析センターに開設すると発表した。

PET-CT検査は、通常の健康診断では発見が難しいごく小さながんでも、早期発見の可能性が高まると期待されている技術。PET-CTの被ばく量は、約10mSvとCT検査と同等だが、妊産婦や授乳中の女性は検査を受けることが出来ないことに注意が必要となる。

また検診メニューは「PET-CTがんドック」もしくは、PET-CTに腫瘍マーカー/ピロリ菌胃炎検査のための血液検査を加えた「PET-CT総合がんドック」の2種類。料金はPET-CTがんドックが12万円、PET-CT総合がんドックが16万7400円で、いずれも健康保険の対象外のため、すべて自費扱いとなるほか、支払いは前払い(一週間前までの入金)方式となっている。

完全予約制で、予約受付はすでに開始している。受付時間は祝日や創立記念日、年末年始を除いた月曜から金曜日までの10時~12時/13時~16時、問い合わせ方法は先端健康解析センターの専用番号への電話、もしくは同病院1号館1階の医事課0番窓口にて行う形式だという。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.