くらし情報『マイクロソフトがセキュリティ評価基準を変更 - 「Ask Toolbar」が新基準に抵触しマルウェア判定されるように』

2015年6月12日 15:13

マイクロソフトがセキュリティ評価基準を変更 - 「Ask Toolbar」が新基準に抵触しマルウェア判定されるように

マイクロソフトがセキュリティ評価基準を変更 - 「Ask Toolbar」が新基準に抵触しマルウェア判定されるように
○マイクロソフトのセキュリティ製品でAsk Toolbarがマルウェア判定されるように

マイクロソフトは6月9日の公式ブログにて、セキュリティ評価基準の変更を伝えた。ユーザーが予期せぬ動作を行うツールバーを利用したマルウェアからの対策を強化したため、Windows Defenderなどのスキャン結果において、一例として「Ask Toolbar」の関連ファイルがマルウェア「BrowserModifier:Win32/AskToolbarNotifier」として検出されるようになった。

Ask Toolbarは独自の検索エンジンを使用した検索ツールバーで、検索プロバイダーの変更を行う。この動作がマイクロソフトの新しいセキュリティ評価基準に抵触するため、マルウェアとして判定されてしまう。マイクロソフトのブログでは、Ask Toolbarが単体でセキュリティ上の問題となる動作を行う報告はないとしているが、マルウェア検知ウィンドウが表示されることで、不安を感じるかもしれない。

現在、Ask Toolbarをインストールしている環境において、Windows Defenderなどでフルスキャンを実行すると「潜在的な脅威」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.