くらし情報『DIR EN GREYらのCDジャケットを手がける依田耕治氏「3日でペンタブレットに慣れて、絶対に戻れなくなった」』

2015年6月15日 15:17

DIR EN GREYらのCDジャケットを手がける依田耕治氏「3日でペンタブレットに慣れて、絶対に戻れなくなった」

DIR EN GREYらのCDジャケットを手がける依田耕治氏「3日でペンタブレットに慣れて、絶対に戻れなくなった」
「素材を組み合わせる中から生まれる無限の可能性を楽しみたい」

DIR EN GREYやthe GazettE、湘南乃風など日本のトップクラスのミュージシャンや、現在世界中でブームを巻き起こしているBABYMETALなどさまざまなアーティストたちのCDジャケットデザインを手がけるアートディレクター、コラージュアーティストの依田耕治(よだこうじ)氏。圧倒的な世界観で目を引くその作品は、さまざまな素材を組み合わせて一枚の絵を完成させるという独自の方法で制作を行っている。

依田氏は2011年にあらゆるアートワークを担う職人集団「六識」(ROKUSHIKI)を発足。シックスセンスとも言われる仏教の六根(眼,耳,鼻,舌,身,意の6つの感官能力)をネーミングに取り入れ、数年前の個展開催のタイミングから「コラージュアーティスト」を名乗っているという。

絵の具を混ぜて作りあげられたテクスチャや自身で撮影した植物の写真、そして様々なデジタル素材を、それぞれ計算され尽くしたバランスで組み込むことで新たな生命観をもった作品は、見る人を惹きつけて止まない。直近では、ワコム主催の「Create more」キャンペーンに参加し、その精緻なコラージュ作品を生み出す過程を公開している。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.