くらし情報『世界的にも非常に珍しいクラゲを水族館の水槽の中で発見』

2015年6月19日 12:15

世界的にも非常に珍しいクラゲを水族館の水槽の中で発見

世界的にも非常に珍しいクラゲを水族館の水槽の中で発見
三重県鳥羽市・鳥羽水族館はこのほど、公式Webページにて、同館の水槽で発見された珍しいクラゲを紹介した。

○北太平洋で2例目の発見例

同個体は、同館「へんな生きもの研究所」の水槽にて見つかった、世界的に見ても発見例が極端に少ない非常に珍しいクラゲ。現在「へんな生きもの研究所」で2個体を飼育展示中となる。

5月2日、担当者が水槽内の岩の内側に見慣れない生きものが付着していることに気付いた。それは幅10~15mmほどのアサガオの花のような姿をしており、刺激を受けると軟体部を巾着袋のように閉じる不思議なものだった。

その後、千葉大学の平野弥生博士に詳細を確認したところ、「十文字(ジュウモンジ)クラゲ」類の一種で、「超」が付くほどの珍種クラゲ「リプケア(Lipkea sp.)」だということが判明。今回は、3年前の千葉県の博物館の水槽内での発見例に続く、北太平洋で2例目の発見記録となる。

「リプケア」は他の十文字クラゲ類とは大きく異なる形態をしているため、十文字クラゲ類の系統を研究するにあたり非常に重要なグループであると考えられている。しかしながら、これまでに論文にして種名を確定されているのは地中海の2種、南アフリカの1種の計3種だけで、その生態の多くは謎に包まれているという。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.