くらし情報『生田絵梨花、エポニーヌの衣装「噛みしめた」『レ・ミゼラブル』新キャストが扮装披露』

2021年4月24日 08:00

生田絵梨花、エポニーヌの衣装「噛みしめた」『レ・ミゼラブル』新キャストが扮装披露

生田絵梨花、エポニーヌの衣装「噛みしめた」『レ・ミゼラブル』新キャストが扮装披露

ミュージカル『レ・ミゼラブル』新プリンシパルキャストの扮装写真が、24日に公開された。

同作はフランスの作家・ヴィクトル・ユゴーの同名小説を原作に、1985年ロンドンで初演。以来、世界中で上演されており、日本では1987年の初演から愛され続けている。19世紀初頭のフランスを舞台に、ジャン・バルジャンという1人の男の人生を軸にして社会情勢や民衆の生活を描いていく。

2021年公演の新プリンシパルキャストとして、生田絵梨花(エポニーヌ役)、竹内將人(マリウス役)、加藤梨里香(コゼット役)、敷村珠夕(コゼット役)、六角精児(テナルディエ役)、樹里咲穂(マダム・テナルディエ役)、木内健人(アンジョルラス役)が決定しており、このたび役衣装での写真が公開された。

2017年、2019年にコゼットを演じ、今回初めてエポニーヌ役となった生田は「決まった時は、色々な方々から『イメージが沸かなくてすごく驚いた』と言われました」と明かす。「前回と前々回にコゼット役として出演させていただいてまして、前にご一緒したキャストの方々も、『まだ慣れないな』とおっしゃっていて、きっとお客様も私がエポニーヌというイメージがなかなかないと思うので、コゼットだったということは忘れてもらうくらい、地に足を踏みしめられたらと思います」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.