くらし情報『愛知県名古屋には日本初の本格チベット寺院が。チベットグルメとともに体験』

2013年7月5日 11:00

愛知県名古屋には日本初の本格チベット寺院が。チベットグルメとともに体験

愛知県名古屋には日本初の本格チベット寺院が。チベットグルメとともに体験
人口300万人都市の名古屋市は16区から構成されているが、その中でチベットを感じられるエリアと言えば守山区だ。奥まった方は山奥に近く、名古屋市最高峰の東谷山(193m)も守山区にあるからというが、その守山区には正真正銘のチベット寺院もあるのだ。

○チベット修行後、正式に認められて設立

早速取材しようと訪れたのは、2005年に創建されたチベット仏教寺院「強巴林(チャンバリン)」。隣接する倶利加羅不動寺の森下永敏住職が実際にチベットで修行し、正式に認められて日本での建立が実現したという。寺は森下住職の修行地だったチベット最古の寺院、「ジョカン寺」がモデルとなっている。

本尊の釈迦牟尼仏像もジョカン寺のそれを忠実に再現しているという。建物からインテリアからどれを取っても、日本の仏教寺院とは全く違った極彩色の世界。一歩踏み入れると、とにかく圧倒される。長い階段をのぼると、チベット仏教につきもののマニ車を発見!中に経典が入っていており、これをくるくるっと回すとお経を読んだことにしてくれるのだ。

○余生を仏教に捧げた案内人がレクチャー

ここで登場してきたのが、「チャンバリンの案内人」こと広報職の浅井覺道さん。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.