くらし情報『グーグル、松下村塾など「明治日本の産業革命遺産」のストリートビュー公開』

2015年7月6日 18:15

グーグル、松下村塾など「明治日本の産業革命遺産」のストリートビュー公開

グーグル、松下村塾など「明治日本の産業革命遺産」のストリートビュー公開
グーグルは5日、同日に世界遺産登録された「明治日本の産業革命遺産」のストリートビューを公開した。山口県荻市の「松下村塾」など既存の5施設と合わせて、28の施設を閲覧できる。

「明治日本の産業革命遺産」は、19世紀末から20世紀初頭に、日本の近代化を牽引した製鉄・鉄鋼、造船、石炭産業に関連する遺産。現在でも稼働している工場を含む23の構成資産からなり、8県11市にまたがっている。

グーグルでは、世界遺産の登録にあわせ「明治日本の産業革命遺産」にあたる17の構成資産において、23施設を新たに撮影した。これにより長崎県長崎市の「端島炭坑(軍艦島)」など、既存の5施設と合わせて28の施設を見ることができる。

また、「松下村塾」では、通常の立ち入りが禁止されている室内も許可を得て撮影。吉田松陰が授業をしていた部屋や、寝泊まりをしていたとされる屋根裏部屋が公開されている。

ストリートビューに公開されている「明治日本の産業革命遺産」
1.端島炭坑
2.松下村塾
3.松下村塾
4.三池炭鉱専用鉄道敷跡
5.三池港
6.三池炭鉱 宮原坑
7.三池炭鉱 万田坑
8.小菅修船場跡
9.旧グラバー住宅
10.高島炭坑
11.三重津海軍所跡
12.三角西(旧)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.