くらし情報『デノン、HDCP 2.2やDolby Atomosに対応したエントリー級AVレシーバー』

2015年7月7日 22:53

デノン、HDCP 2.2やDolby Atomosに対応したエントリー級AVレシーバー

デノン、HDCP 2.2やDolby Atomosに対応したエントリー級AVレシーバー
ディーアンドエムホールディングスは7月7日、デノンブランドのAVレシーバー「AVR-X2200W」と「AVR-X1200W」を発表した。ともに8月下旬発売で、希望小売価格はAVR-X2200Wが85,000円、AVR-X1200Wが57,500円(税別)。

AVR-X2200Wはミドルクラス、AVR-X1200Wはエントリークラスの7.2ch AVレシーバー。ともにDolby Atmosをサポートしており、DTS:Xにもファームウェアのアップデートで対応する予定だ。

○AVR-X2200W

AVR-X2200WのHDMI端子(8入力/2出力)はすべてHDCP 2.2に準拠。4K/60pやBT.2020、HDRなどの最新規格にも対応しており、4K Ultra HDビデオ信号のパススルーも可能だ。また、4Kへのアップスケールと2系統のHDMI端子への同時出力にも対応している。

アンプは、Dolby Atmosの5.1.2ch構成に対応。7chのアンプを柔軟にアサインでき、5.1chにサラウンドバックやハイトチャンネル、ドルビーイネーブルドスピーカーなどを加えた構成のほか、フロントスピーカーのバイアンプ接続も可能だ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.