くらし情報『池田エライザ、浜辺美波と目が合うたびに「電流が…」共に挑んだ耽美なギャンブル』

2021年5月26日 11:30

池田エライザ、浜辺美波と目が合うたびに「電流が…」共に挑んだ耽美なギャンブル

池田エライザ、浜辺美波と目が合うたびに「電流が…」共に挑んだ耽美なギャンブル

2020年、『夏、至るころ』で映画監督デビューを果たした池田エライザ。音楽番組の司会を務めたり、弾き語りを披露したりと、多岐にわたって才能を発揮し続ける池田が、女優として、ギャンブルに狂った世界で揺るぎない存在感を見せつけるシリーズ『賭ケグルイ』の映画第2弾、『映画 賭ケグルイ絶体絶命ロシアンルーレット』が公開となる。

ギャンブルの勝敗が全てを決める私立百花王学園で、絶対的な権力を誇る生徒会長・桃喰綺羅莉を演じる池田。シリーズ初参戦で強烈なヒールを演じる藤井流星(ジャニーズWEST)の視鬼神真玄、そして浜辺美波扮する主人公・蛇喰夢子と、命を賭けた「指名ロシアンルーレット」で、賭場へと降りた綺羅莉が対峙する。

初監督を経て、改めて役者として現場に立った感想や、「ビリビリと電流が流れる感じがして」「耽美だった」と振り返る浜辺とのシーン、さらに4月に25歳を迎えての現在の思いを聞いた。

○■夢子との対峙は、とても“耽美な”時間でした

——今回は生徒会長・綺羅莉も賭場に降りてじっくり参戦します。オリジナルストーリーですが、脚本を読まれたときの感想は?

興奮して叫びました。すごく面白い。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.