くらし情報『篠田麻里子、演技のトラウマ秘話と克服へと導いた2人の金言「お芝居の話が来ても"恐怖"しかなかった」』

2015年7月10日 10:00

篠田麻里子、演技のトラウマ秘話と克服へと導いた2人の金言「お芝居の話が来ても"恐怖"しかなかった」

篠田麻里子、演技のトラウマ秘話と克服へと導いた2人の金言「お芝居の話が来ても"恐怖"しかなかった」
●鶴瓶の一言で「ポジティブになれましたし自信にも」
篠田麻里子がAKB48を卒業してから7月で2年。タレント、モデル、デザイナー、役者。篠田は笑福亭鶴瓶からの「いろんなわらじを履いた方がいい」や秋元康氏からの「スポンジになりなさい」という金言を胸に、さまざまなジャンルの仕事に身を置いてきた。そんな中、抜てきされたのが園子温監督が手がけた映画『リアル鬼ごっこ』(7月11日公開)。篠田にとって初の本格的なアクション作品で、正体不明の鬼から追われる役を熱演している。

以前は「苦手」と話していた演技の仕事。"わらじ"を履き、"スポンジ"状態を続けてきた結果、彼女にはどのような変化がもたらされたのか。苦手意識を持つようになったきっかけや演技との向き合い方、AKB48選抜総選挙の苦悩やメンバーの存在など、篠田が「今だから語れる」ことを赤裸々に告白する。

○あわや全治1カ月の大ケガ

――以前からアクションに憧れていたそうですね。

AKB48時代に『マジすか学園』(テレビ東京系)というドラマに出させていただいて、喧嘩や乱闘シーンで感情移入しやすい自分に気づきました。台本を読んでセリフにつられてしまう自分に比べ、動きながら自然とセリフが言える自分。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.