くらし情報『オヤイデ、ハイレゾプレーヤー「Fiio X5」の第2世代モデル』

2015年7月13日 14:17

オヤイデ、ハイレゾプレーヤー「Fiio X5」の第2世代モデル

オヤイデ、ハイレゾプレーヤー「Fiio X5」の第2世代モデル
オヤイデ電気(小柳出電気商会)は7月13日、ハイレゾ音源に対応したポータブルプレーヤー「Fiio X5 2nd generation」(以下、X5 2nd gen.)を発表した、発売は7月17日。価格はオープンで、推定市場価格は55,500円前後(税別)。

X5 2nd gen.は、2014年5月に発売された「Fiio X5 JAPANESE EDITION」の第2世代モデル。従来モデルから、機能やGUIなどを中心にブラッシュアップされている。

対応しているハイレゾ音源のファイル形式は、5.6MHzまでのDSD、192kHz/64bitまでのWAV、192kHz/24bitまでのFLAC/APE/ALAC/WMA 9.1/AIFFだ。SACD ISOのダイレクト再生にも対応。USB DACとして使用する場合の対応ファイル形式は、DSDは最大2.8MHzまで、PCMは最大192kHz/24bitまでとなる。

DACチップは初代モデルと同じテキサス・インスツルメンツ社「PCM1792」を採用。新たに、I/Vコンバージョン用に「OPA162」、LPFとボルテージアンプ用に「OPA1622」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.