くらし情報『東京都の広域交通ネットワーク計画、蒲蒲線や羽田アクセス線など収支に課題』

2015年7月13日 15:03

東京都の広域交通ネットワーク計画、蒲蒲線や羽田アクセス線など収支に課題

東京都の広域交通ネットワーク計画、蒲蒲線や羽田アクセス線など収支に課題
東京都都市整備局は7月10日、「世界一の都市・東京」の実現を目指した「東京都長期ビジョン」における広域交通ネットワーク計画について、2015年度の交通政策審議会答申に向けた検討のまとめを公表。空港アクセスに関する路線については複数の路線が計画されているため、各路線の整備効果や同時に整備された場合の影響など、比較検討を実施した。

新空港線「蒲蒲線」は、東急線沿線の区部西部から神奈川県方面、東急東横線と相互直通運転を行う東京メトロ副都心線、東武東上線、西武池袋線の沿線で時間短縮便益が広がる。なお、本路線は事業主体および事業スキームについての検討や、京急空港線への乗り入れなどの技術的な課題についても検討が必要となっている。加えて、加算運賃による利用者負担を前提としている。

JR東日本羽田アクセス線は、JR埼京線、高崎線、宇都宮線、常磐線などの既存の鉄道ネットワークと接続することで、都内に限らず広範囲に時間短縮便益が及ぶ。なお、本路線は事業費や事業計画の深度化が必要であるほか、事業スキーム等が未定であることから、関係機関による十分な調整が必要であるとしている。

都心直結線は、羽田空港へは区部東部から千葉県・埼玉県方面、成田空港へは区部南部から神奈川県方面に便益が広がり、両空港へのアクセスの利便性は、首都圏全体で高まることが期待される。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.