くらし情報『清野菜名、押井守監督作で血まみれアクション!衝撃ラストの映像&新写真公開』

2015年7月15日 09:00

清野菜名、押井守監督作で血まみれアクション!衝撃ラストの映像&新写真公開

清野菜名、押井守監督作で血まみれアクション!衝撃ラストの映像&新写真公開
女優・清野菜名が初主演する映画『東京無国籍少女』(7月25日公開)のアクションシーンを収めた映像と新たな場面写真が14日、公開された。映像では、清野が血まみれになりながらも激しいアクションを披露している。

『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊2.0』(2008年)などで知られる押井守監督が手がけた本作は、とある女子美術高等専門学校を舞台に展開されるスリラー作品。清野が演じるのは、事故で心身に傷を抱えた若き天才アーティストの藍(清野)で、彼女が他人とうまく交われずに憂鬱な日々を送っていた中で、ある日を境に日常が崩壊していく。

今回の映像では、同級生たちと激しく対立し、孤立する藍の姿が描かれる。作品作りに没頭する藍。しかし、「衝撃の15分を迎える」の文字が映し出されると、銃剣を手にした藍が登場し、謎の集団と銃撃戦を繰り広げる。銃を使ったアクションはもちろん、素手によるスピーディーな格闘シーンも披露している。

制作サイドによると、清野のアクションシーンの稽古は3日間しかなく、そのうち1日目はテストに当てられたため、実質2日間の稽古で完成されたものだという。また、本作では、押井監督が今まで描けていなかった新たな試みとして、血の描写に挑戦していることも見どころの1つとなっている。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.