くらし情報『DOBERMAN INFINITY「諦め悪く、一つずつ目標叶える」 らしさ貫き着実に前進』

2021年6月8日 11:00

DOBERMAN INFINITY「諦め悪く、一つずつ目標叶える」 らしさ貫き着実に前進

DOBERMAN INFINITY「諦め悪く、一つずつ目標叶える」 らしさ貫き着実に前進

●難産の末に生まれた新曲「konomama」 懸命に生きる人々への応援歌
5人組ヒップホップグループ・DOBERMAN INFINITYが、6月9日に11thシングル「konomama」をリリース。リード曲である「konomama」は、m-floの☆Taku Takahashiとの共作にして、4月期の土曜ナイトドラマ『泣くな研修医』(テレビ朝日系)の主題歌として採用され注目を集めている。DOBERMAN INFINITYに同曲やカップリング曲「Who the KING?」の制作秘話、活動8年目に突入するグループの今について語ってもらった。

――新曲「konomama」は『泣くな研修医』でも、いい場面で曲が流れてグッと来ました。曲に込めた思いを教えてください。

KUBO-C:制作段階から「『泣くな研修医』の主題歌として」と話をいただき、そこでドラマのストーリーも聞かせてもらい、自分たちなりの表現で歌詞を作り始めました。頑張っている方ももちろん、なにより頑張ってもうまく行かない人の背中を押せたらという思いだけを込めて完成させた楽曲です。

――今の情勢ですと“コロナウイルス禍で苦しむ人々への応援歌”と捉える方が少なくないと思います。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.