くらし情報『高野洸&西銘駿ら、舞台『タンブリング』開幕へ意気込み「一生忘れられない作品に」』

2021年6月11日 17:48

高野洸&西銘駿ら、舞台『タンブリング』開幕へ意気込み「一生忘れられない作品に」

高野洸&西銘駿ら、舞台『タンブリング』開幕へ意気込み「一生忘れられない作品に」

男子新体操をテーマにした青春感動ストーリーの舞台『タンブリング』が11日、大阪・COOL JAPAN PARK OSAKA WW ホールで開幕。開幕を前に行われたゲネプロでも、このステージにかける出演者たちの熱い思いがあふれた。

2010年4月期にTBS系で放送された青春ドラマ『タンブリング』。知られざる “男子新体操”の魅力を描き、俳優陣が吹き替え一切なしで男子新体操に挑む姿も多くの視聴者を感動させた。

その後、同年9月にドラマの主要キャストだった大東駿介主演で舞台化。翌年のvol.2では若手実力派俳優の菅田将暉を起用し話題に。vol.3では柳下大、vol.4では中尾明慶、FINALでは松下優也を主演に据え、千葉雄大や志尊淳など話題のキャストを起用。いずれも観客を魅了し、エンターテインメント業界をけん引する、多くの人気俳優を輩出してきた。

10周年のメモリアルイヤーだった2020年に復活公演が予定されていたが、新型コロナウイルス感染拡大のため断念。その悔しい想いを力に変え、本日、念願の開幕を迎える。主演は、いま人気の高野洸と西銘駿。『タンブリング』史上初となるW主演で、“男子新体操”の夢を追いかける幼馴染を演じる。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.