くらし情報『世界の伝統織物を現地工房と協力してしてネクタイに - 「TUNDRA」から発売』

2015年8月3日 16:15

世界の伝統織物を現地工房と協力してしてネクタイに - 「TUNDRA」から発売

世界の伝統織物を現地工房と協力してしてネクタイに - 「TUNDRA」から発売
世界の伝統織物でつくるネクタイブランド「TUNDRA(ツンドラ)」は7月より、フィンランド、ラオスなど、全4カ国の織物工房との提携を結び、全20種類の商品展開で販売開始した。

○世界各国の伝統が生んだ独特の存在感をネクタイに

「TUNDRA」は、"大量生産が当たり前の現代ファッションとは一線を画す、本当に価値のある商品づくり"を目指し誕生したネクタイブランド。

世界各国の伝統織物工房と提携してオリジナルで生地のデザインと生産をし、ネクタイを作っている。

各国の伝統織物には、それぞれの土地で何百年も受け継がれてきた素材・織り方・デザインにその土地の文化と歴史、芸術性が凝縮されている。厳寒な冬と白夜の夏を迎えるフィンランドで生まれたシンプルで機能性の高いデザインから、30を超える民族が独自の文化を継承するラオスのシルク織物まで、同ブランドは各地で受け継がれてきた伝統を、1本のネクタイに込めたという。

提携する各国の織物工房は、同ブランド代表の堀内氏が現地を訪れ、職人たちと密なコミュニケーションを取った後に、高いクオリティの生地が依頼できると判断した工房のみを厳選。生地は既存の生産ラインに乗った既製品や、工房に保管された古布ではなく、すべて同ブランドのためにオリジナルでオーダーしたものとなる。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.