くらし情報『Cerevo、スマート電源タップ「OTTO」の国内販売を自粛』

2015年8月12日 16:44

Cerevo、スマート電源タップ「OTTO」の国内販売を自粛

Cerevo、スマート電源タップ「OTTO」の国内販売を自粛
Cerevoは8月11日、スマートフォンから操作できる電源タップ「OTTO」の国内販売を自粛すると発表した。今後は米国・欧州をはじめとする海外で展開していく。なお、すでに購入したユーザーについて、今後もOTTOを使用すること自体は問題ないとしたうえで、返品希望者への返金にも応じるとしている。

OTTOは、インターネット経由での通電オン・オフに対応した電源ポート×8個(うち2個は調光機能付き)を備える電源タップ。専用のスマートフォン向けアプリを用いれば、外出先でもスマートフォンから電源オン・オフなどのリモート操作が可能だ。2013年にクラウドファンディングにて資金募集を開始し、2015年4月9日に国内で発売された。

Cerevoは、OTTOが電気用品安全法における「サービスコンセント付き調光器」と見なされるとし、開発に着手。開発途上では、同法において適法な製品であるかを確認するために、電気用品安全法登録検査機関であるJET(一般社団法人電気安全環境研究所)へ問い合わせ、『届出、表示については、「調光器」に係わる手続きをもって足りうると判断する』との見解を得ていた。

また、電気用品安全法が定めるところの「別表第八1(2)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.