くらし情報『Cerevo、スマホから操作できる電源タップ「OTTO」の国内販売を自粛』

2015年8月13日 18:57

Cerevo、スマホから操作できる電源タップ「OTTO」の国内販売を自粛

Cerevo、スマホから操作できる電源タップ「OTTO」の国内販売を自粛
Cerevoは11日、スマートフォンから操作できる電源タップ「OTTO」の国内販売を自粛すると発表した。理由については、同製品の輸入および販売が法に抵触する可能性があるためとしている。今後は、欧米をはじめとする海外で展開していくという。

「OTTO」の販売自粛は、今年4月の発売後、経済産業省電気用品安全課から電気用品安全法に関する指摘を受けてのこと。同省安全課は、「OTTO」が「通信回線経由で操作する製品」だとし、通信回線による遠隔操作としての安全性が確認されない限り、電気用品安全法違反となる可能性があるとしている。

しかしCerevoは、「OTTO」が電気用品安全法上での「サービスコンセント付き調光器」とみなされると判断し、開発を進めてきた。その上で、事前にJET(一般財団法人電気安全環境研究所)から、電気用品安全法において問題がないとの主旨の見解も得ていた。

また、経済産業省電気用品安全課から指摘された件についても、電気用品安全法に則り、赤外線で調光器をコントロールできるリモコンユニットを搭載した。リモコンユニットをインターネット経由で操作することで、遠隔操作での電源オンを実現している。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.