くらし情報『この個性を世界に! イタリア人に「名古屋めし」はウケるか--ミラノ万博より』

2015年8月17日 11:00

この個性を世界に! イタリア人に「名古屋めし」はウケるか--ミラノ万博より

この個性を世界に! イタリア人に「名古屋めし」はウケるか--ミラノ万博より
名古屋特有の郷土料理全般を指す「名古屋めし」。味噌煮込みうどんや味噌カツ、きしめん、手羽先、ひつまぶしなど、日本全国のご当地グルメの中でもとびきり個性的と言われるこの名古屋めしがこのほど"世界デビュー"を果たした。

○手羽先、きしめん、天むす、赤だし味噌汁でおもてなし

ひのき舞台となったのは、現在イタリアで開催されている「2015年ミラノ国際博覧会」(ミラノ万博/5月1日~10月31日)。日本館にて8月4日~8日に行われた「あいち・なごやフェアinミラノ」で、「なごやめし」(同イベントでの表記は平仮名)がふるまわれたのだ。

試食用に用意されたのは手羽先、きしめん、天むす、赤だし味噌汁。そのほか、愛知県のご当地メニューとして豊川いなり寿司とCoCo壱番屋のカレーライスも並び、5日間を通して合わせて900食が来場者に提供された。

日本国内でもとりわけ独特と言われる名古屋めしが果たして海外の人の舌に合うのか……。先ごろその名も『名古屋めし』なる書籍を出版した筆者としては、その反応を直接見ておかなければ、とはるかミラノまで飛んだのだった。

○きしめんはパスタ風? 手羽先はイタリアにもある??

会場で試食後の参加者に意見を求めると、

「きしめんはパスタみたいで親しみやすい。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.