くらし情報『浅田真央とキム・ヨナ、国際主要大会での成績は8勝6敗でキム・ヨナに軍配』

2014年2月19日 17:44

浅田真央とキム・ヨナ、国際主要大会での成績は8勝6敗でキム・ヨナに軍配

浅田真央とキム・ヨナ、国際主要大会での成績は8勝6敗でキム・ヨナに軍配
いよいよ大詰めのソチ五輪では日本時間20日、フィギュアスケート女子シングルのショートプログラム(SP)が始まる。見所は何と言っても、共に最後の五輪参加をほのめかしている浅田真央選手とキム・ヨナ選手(韓国)のライバル対決だろう。ジュニア時代から切磋琢磨(せっさたくま)してきた2人の対戦成績を振り返るとともに、今大会注目を浴びているユリア・リプニツカヤ選手(ロシア)のキャリアもまとめてみた。

○ほぼ毎回、表彰台に上がる2人

まずは浅田選手とキム・ヨナ選手の国際大会での対戦成績だ。対戦の場を国際スケート連盟が主催する大会に限ると、二人が争った場は「世界ジュニアフィギュアスケート選手権」「ジュニアグランプリファイナル」「世界フィギュアスケート選手権」「グランプリファイナル」「四大陸フィギュアスケート選手権」「オリンピック」だ。対戦の勝敗を年代ごとに追ってみよう。

【2004-2005シーズン】

世界ジュニアフィギュアスケート選手権
1位: 浅田真央(179.24)
2位: キム・ヨナ(158.93)

ジュニアグランプリファイナル
1位: 浅田真央(172.83)
2位: キム・ヨナ(137.75)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.