くらし情報『「名古屋めし」など地域の味が弁当に! ほっともっとがご当地弁当15種を発売』

2015年8月18日 12:44

「名古屋めし」など地域の味が弁当に! ほっともっとがご当地弁当15種を発売

「名古屋めし」など地域の味が弁当に! ほっともっとがご当地弁当15種を発売
持ち帰り弁当の「ほっともっと」を運営するプレナスは8月21日から、それぞれの地域に根付いた料理を選び、持ち帰り弁当として商品化した15種の「ご当地弁当」を全国9地区で順次発売する。全国で地域限定メニューを発売するのは、「ほっともっと」では初めての取り組みとなる。

このうち、愛知県、岐阜県、三重県、静岡県で発売される「ほっともっと風 名古屋めし」(税込520円)は、名古屋発祥の人気メニュー「みそカツ」と「あんかけスパゲティ」2種が一度に味わえる商品。カツには愛知県岡崎市の「まるや八丁味噌」を使うなど、こだわりの一品となっている。

また、関東地方の1都6県で発売される「関東醤油仕立て 焼きとん重」(税込490円)は、厚切りの焼きとんを、ごはんの上にのせてお重にして食べるお弁当。味の決め手となるタレには、群馬県の正田醤油の焦がしじょうゆを使用することで、コクがあり、香ばしい味わいに仕上げているという。

ほかにも、北海道の「十勝豚丼」(税込530円)や、九州の7県と山口県で発売される「九州醤油仕立て ビーフ弁当」(税込490円)、岡山県、広島県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県で発売される「今治焼豚玉子飯」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.