くらし情報『大学進学志望者の16.3%、働きたい業界「決まってない」』

2015年8月19日 09:30

大学進学志望者の16.3%、働きたい業界「決まってない」

大学進学志望者の16.3%、働きたい業界「決まってない」
マイナビは18日、高校生のライフスタイル・興味関心調査の結果を発表した。対象は、4月9日~5月15日。対象は高校1~3年の同社サイト会員4,552名。

○就きたい仕事が具体的に決まっている高校生は36.7%

将来、就きたい仕事が決まっているかを聞いたところ、「具体的に就きたい仕事が決まっている」は36.7%だった。なかでも、「短大進学志望者」(57.3%)、「理系志望者」(43.4%)、「女子」(42.3%)における割合が高くなった。一方、「大学進学志望者」のうち16.3%が「就きたい職業も働きたい業界・分野も決まっていない」と回答した。

高校卒業後、進学する際に自宅から通いたいかを尋ねると、1位は45.6%で「自宅から通いたい」だった。

エリア別では、関東が最多で31.9%。以降、「関西」が17.2%、「東海」16.1%となった。また、「自宅から通いたい」の理由を聞いたところ、最多は「一人暮らしは経済的に負担だから」(58.7%)だった。次いで、「一人暮らしは不安だから」(39.7%)、「通える距離に志望校があるから」(38.9%)となった。

また、現在通っている学校でキャリア教育を受けたことがあるかを聞いたところ、「受けたことがある」人は24.5%だった。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.