くらし情報『TVアニメ『ヤング ブラック・ジャック』、梅原裕一郎のコメントを紹介』

2015年8月25日 17:44

TVアニメ『ヤング ブラック・ジャック』、梅原裕一郎のコメントを紹介

TVアニメ『ヤング ブラック・ジャック』、梅原裕一郎のコメントを紹介
2015年10月より、TBSほかにて放送開始予定となっているTVアニメ『ヤング ブラック・ジャック』。原作は、「ヤングチャンピオン」(秋田書店刊)にて連載中の漫画「ヤング ブラック・ジャック」(原作:手塚治虫、脚本:田畑由秋、漫画:大熊ゆうご)で、手塚治虫の名作『ブラック・ジャック』の主人公である奇跡の天才外科医ブラック・ジャックこと間黒男の若かりし頃の姿を描くというアニメとなっている。

そこで今回は、主人公・間黒男を演じる梅原裕一郎が語った、作品のみどころやキャラクターの魅力などを紹介しよう。

まず初めに出演が決まったときの率直な気持ちとして、「とても大きな作品に主役で選んでいただいて光栄だと思うと同時に、作品を背負っていく責任を感じました」という梅原。意識していることや役作りに関しては、「医療用語が多いので、台本をいただいてから意味や用途を調べ、自分に落としこむようにしています。キャラクターとしてはクールかつ頭が良い人物なので、あまり焦ったような話し方をせず、手術中でも落ち着くようにしています」と語った。

また、大先輩であり初代ブラック・ジャックを演じた大塚明夫がナレーションで参加することに対しては、「プレッシャーはもちろん感じますが、あまり意識しすぎずに、盗める要素は盗みつつ、"ヤング"ブラック・ジャックとして自分なりの間黒男をつくっていこうと思っています」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.