くらし情報『薄さ約4.9mmの65V/55V型「4K BRAVIA」新モデルは壁掛けで使いたい - ソニー』

2015年9月7日 15:05

薄さ約4.9mmの65V/55V型「4K BRAVIA」新モデルは壁掛けで使いたい - ソニー

薄さ約4.9mmの65V/55V型「4K BRAVIA」新モデルは壁掛けで使いたい - ソニー
ソニーは7日、4K液晶テレビ「BRAVIA」(ブラビア)の新製品として、薄さ約4.9mmで壁掛けスタイルを提案する「X9000C」シリーズを2モデル発表した。ラインナップと推定市場価格(税別)は、65V型「KJ-65X9000C」が55万円、55V型「KJ-55X9000C」が35万円。いずれも10月24日の発売予定となっている。

4K BRAVIAは2015年春に7モデル(ハイエンド系が4モデル、スタンダード系が3モデル)を発表しているが、秋の新モデルとして加わる「KJ-65X9000C」と「KJ-55X9000C」を合わせて、2015年のラインナップは計9モデルとなった。

新モデルの大きな特徴は、世界最薄(ソニー調べ)となる薄さ約4.9mmのスリムデザイン。AVラックの上に設置する据え置き使用のほか、新設計の取り付け金具とU字型ブラケットによって、壁掛け設置を提案する。壁掛けの場合、壁面から本体前面までの距離が約40mmと短い。壁に映るテレビの影が少ないため、映像への没入感が高まり、ソニーは「映像が壁から浮かび上がるような美しい一体感」と表現している。

画質面では、「4K高画質プロセッサー X1」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.