くらし情報『日本のシェアは何%? - 2015年の地域別半導体売上予測をIC Insightsが発表』

2015年9月9日 08:00

日本のシェアは何%? - 2015年の地域別半導体売上予測をIC Insightsが発表

日本のシェアは何%? - 2015年の地域別半導体売上予測をIC Insightsが発表
半導体市場調査会社の米IC Insightsは9月3日(現地時間)、2015年の上半期の実績を踏まえた通年の世界半導体IC売上高の地域(大陸)別、応用分野(用途)別シェアの予測値を発表した。これによると日本を除くアジア・太平洋地域(台湾・韓国・中国など)でのIC売り上げが世界IC売上総額の58.9%を占めると予測している。これは2014年に比べて0.5ポイント増加した値となっている。

日本のシェアはわずか7.8%で、欧州の10.4%にも及ばない。米国は22.9%と、アジアに大差をつけられているとはいえ2番目に大きな市場となっている。

著者注:シリコンバレーの多くの半導体企業にとって総売上に占める日本市場の売り上げは、数年前までは10%を越えていたが、いまでは多くに企業で1桁に低下しており、今回の予測はそれを裏付けている結果となっている。日本市場の存在感は無くなりつつあり、日本法人は地位低下をきたしており、かつて世界半導体生産額の5割を超えたこともある日本での生産額も今や1桁へと低下してきており歯止めがかからないのが現状だ

応用分野別では、スマートフォンに代表される通信用ICが、世界売上総額の38.3%、コンピュータ用が35.6%とこの2分野だけで世界売上総額の3/4を占める。

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.