くらし情報『横山彰利監督『ザ・ウルトラマン』アニメ化秘話を語る - 氷川氏も「機電をきちんと表現できている」と絶賛』

2015年9月9日 22:41

横山彰利監督『ザ・ウルトラマン』アニメ化秘話を語る - 氷川氏も「機電をきちんと表現できている」と絶賛

横山彰利監督『ザ・ウルトラマン』アニメ化秘話を語る - 氷川氏も「機電をきちんと表現できている」と絶賛
ドワンゴとカラーが日本アニメーションの可能性を探るために進める共同企画「日本アニメ(ーター)見本市」の作品群を紹介する番組「日本アニメ(ーター)見本市-同トレス-」の第30回放送が、9月7日にニコニコ生放送にて放送された。

番組には、9月4日に「日本アニメ(ーター)見本市」の公式サイトにて公開された第30弾作品『ザ・ウルトラマン』の監督を務めた横山彰利氏と音響監督の山田陽氏、制作担当の杉谷勇樹氏が出演。本作は、漫画家・内山まもる氏の『ザ・ウルトラマン』を原作にして、宇宙大魔王ジャッカルと戦う謎の鎧戦士とウルトラ兄弟たちの激闘が描かれている。

本作の監督を務めたのは、『機動戦士ガンダム第08MS小隊』(1998年)で作画監督、『OVERMAN キングゲイナー』(2002年)や『サムライチャンプルー』(2004年)、『カイバ』(2008年)や『四畳半神話大系』(2010年)などの演出を経て、『フォトカノ』(2013年)で監督を務めた横山彰利氏。今回、歴史のある特撮シリーズ『ウルトラマン』をアニメ化することになったきっかけについて「日本アニメ(ーター)見本市」の第1弾作品『龍の歯医者』の原画を手掛けていた森久司氏との会話が発端だったという。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.