くらし情報『Garmin、スポーツ時の活動量や眠りの深さを記録できるスマートウオッチ』

2015年9月10日 12:52

Garmin、スポーツ時の活動量や眠りの深さを記録できるスマートウオッチ

Garmin、スポーツ時の活動量や眠りの深さを記録できるスマートウオッチ
いいよねっとは9月10日、米GarminのGPSスマートウオッチ「fenix 3J」と「fenix 3J Sapphire」を発表した。発売は10月7日で、希望小売価格(税別)はfenix 3Jが66,000円、fenix 3J Sapphireが76,000円。

fenix 3Jシリーズは、GPS、三軸電子コンパス、気圧、温度、Gセンサーという5つのセンサーを内蔵するスマートウオッチ。さらに、ANT+ワイヤレスインタフェース互換となる8種類以上の外部センサーにも対応。ANT+互換のスマートフォンやサイクルコンピュータなどの外部デバイスと接続することで、体温に影響されない外部温度やケイデンスといった情報も記録できる。

記録したデータは、専用管理サイト「GarminConnect」で詳細を確認可能。対応スポーツの活動量などを計測するほか、日常生活の運動量や、就寝中の睡眠時間や眠りの深さといった状態までチェックできる。対応するスポーツは、スキーやスノーボード、登山、ランニング、プールスイム、バイクなど12種類以上。登山や自転車では、高低差も考慮した「沿面距離」や「沿面速度」が計れるほか、スイミングではストロークタイプやストローク数などの自動判別、スキーやスノーボードでは滑走本数や累計標高なども計測できる。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.