くらし情報『トミタ栞「原先生の歌詞は悔しいぐらい完璧」- ドラマ『るみちゃんの事象』主題歌「17歳の歌」発売記念イベント』

2015年9月15日 21:23

トミタ栞「原先生の歌詞は悔しいぐらい完璧」- ドラマ『るみちゃんの事象』主題歌「17歳の歌」発売記念イベント

トミタ栞「原先生の歌詞は悔しいぐらい完璧」- ドラマ『るみちゃんの事象』主題歌「17歳の歌」発売記念イベント
タレントのトミタ栞が、「るみちゃん★○よみ:スターリング)」名義でニュー・シングル「17歳の歌」をリリースし、東京・神奈川を中心に発売記念イベントを開催した。タワーレコード渋谷店B1「CUTUP STUDIO」ではトークショーも行われたので、その模様をお伝えしよう。

イベント開始前には、もはや恒例行事のトミタによる場内アナウンス。「携帯電話をお持ちの方は、電源を今すぐお切りになるか、契約をお切りになりますようお願いします」と、冒頭からるみちゃんワールド全開でファンを盛り上げた。

ステージにはトミタのほか、トミタが主演するTVドラマ『るみちゃんの事象』の監督・脚本を手がけた月川翔監督が登壇。MCを務めるお笑い芸人・響の小林優介とともにトークを展開した。実は、月川監督は「17歳の歌」のミュージック・ビデオ(以下MV)の監督も担当しており、ドラマ収録の終了直後に作り始めたMV収録は、非常にスムーズに進んだという。また、このMVでは原作マンガでおなじみの「あり王」や「パン玉」といったキャラクターも登場。収録では、実寸大の発泡スチロールをキャラに見立て、トミタと追いかけっこをしたり、ジャンプしたりするシーンを完成させたことを明かした。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.