くらし情報『岸部一徳、腹黒い政治家を演じるも「現実の方が…」モデルは「いっぱいいる」』

2021年9月8日 22:01

岸部一徳、腹黒い政治家を演じるも「現実の方が…」モデルは「いっぱいいる」

岸部一徳、腹黒い政治家を演じるも「現実の方が…」モデルは「いっぱいいる」

映画『総理の夫』(9月23日公開)の完成披露試写会舞台挨拶イベントが8日に都内で行われ、田中圭、中谷美紀、貫地谷しほり、工藤阿須加、松井愛莉、 嶋田久作、片岡愛之助、 岸部一徳、河合勇人監督が登場した。

同作は原田マハ氏による『総理の夫 First Gentleman』(実業之日本社文庫)の実写化作。42歳で史上最年少にして史上初の女性総理となった凛子(中谷美紀)の夫で鳥類学者の相馬日和(田中圭)は、史上初のファーストジェントルマンとして担ぎ上げられてしまい、「政界」という未知なる世界で奮闘する。

政治家の原久郎を演じた岸部は「原久郎、"腹黒い"ということで、どういう役かだいたい想像つくと思いますが、楽しい映画になっております」と太鼓判を押す。役作りについて聞かれると「現実の政治の世界の一人ひとりを思い浮かべると、むしろ原久郎の方が人がいいかなという感じで」とチクリ。

さらに岸部は「こんな感じの人でやろうと思ったとかは言いにくいんですけど、いっぱいいるような気がしますね」と踏み込み、「特に最近は総裁選とか、いろんなところに出てくるので、この映画を観て興味を持ったら、もっと政治が面白く見れるかなという感じがしました」とアピールした。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.