くらし情報『松井愛莉、ヒロイン熱演 泣くシーンは「集中力を切らさないように」』

2015年9月22日 11:00

松井愛莉、ヒロイン熱演 泣くシーンは「集中力を切らさないように」

松井愛莉、ヒロイン熱演 泣くシーンは「集中力を切らさないように」
モデルで女優の松井愛莉が21日、都内で行われた映画『通学シリーズ 通学電車』(11月7日公開)、『通学シリーズ 通学途中』(11月21日公開)の完成披露イベントに、千葉雄大、中川大志、森川葵、川野浩司監督とともに登壇した。

「通学電車」にヒロインとして出演した松井は、朝起きたらなぜか隣で片想いの相手が寝ていたというシチュエーションを演じた感想を聞かれると「絶対にないことなので、想像を働かせて演じました」と振り返り、自身の役と共感する点については「思っていることが言えない性格は近いですね」と告白。演じた上での苦労を聞かれると「重いシーンが多くて、特に泣くシーンでは集中力を切らさないように意識しました」と明かし、「今回、恋をしている女の子だったので、片思いの曲を聞いたりしました」と役作りをしたという。

一方、「通学途中」でヒロインを演じた森川は、好きな人に彼女がいるという役を演じ「好きという思いではなく憧れの気持ちを持って演じました。あとはその場の空気に反応して演技をするようにしました」と語り、積極的にアプローチする役に「私は恥ずかしくてアプローチできませんが、好きで会いに行っちゃうとか可愛いですよね」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.