くらし情報『アート鑑賞新幹線「GENBI SHINKANSEN」の車内空間を創るアーティストが決定』

2015年10月7日 18:25

アート鑑賞新幹線「GENBI SHINKANSEN」の車内空間を創るアーティストが決定

アート鑑賞新幹線「GENBI SHINKANSEN」の車内空間を創るアーティストが決定
JR東日本は、2016年春頃に上越新幹線(越後湯沢~新潟間)で運転される「GENBI SHINKANSEN(現美新幹線)」のメインコンテンツである「アート」が決定したことを発表した。エクステリアデザインには夏の夜空を彩る長岡の花火が描かれ、列車内には車両ごとに異なるアーティストが制作した現代アートが展示される。

「GENBI SHINKANSEN」は、JR東日本の新潟エリア(越後湯沢~新潟間)を中心とした上越新幹線区間で運行される新たなコンセプトの車両で、E3系(新幹線用車両)に改造を施し、6両編成/105名(予定)といった規模にて展開される"世界最速の芸術鑑賞"列車。新幹線で移動しながら注目のアーティストが制作した現代アートを鑑賞できるほか、地元の素材にこだわったスイーツやコーヒーを提供するカフェなどが用意されるという。

このたび、メインコンテンツである「アート」に関して、各車両をプロデュースするアーティストとエクステリアデザインが発表された。新幹線の外装は、著名な写真家/映画監督の蜷川実花氏が撮影した夏の夜空を彩る「長岡の花火」の写真で覆われる。一方、インテリアは11号車を松本尚氏(絵画)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.