くらし情報『アマンダ・セイフライド、『パパが遺した物語』は「多くの人に響くと思う」』

2015年10月12日 11:00

アマンダ・セイフライド、『パパが遺した物語』は「多くの人に響くと思う」

アマンダ・セイフライド、『パパが遺した物語』は「多くの人に響くと思う」
米女優のアマンダ・セイフライド、タレントのIMALUが11日、都内で行われた、米伊合作映画『パパが遺した物語』のヒット記念イベントに出席した。

全国公開中の本作は、父娘の絆を描くヒューマンドラマ。小説家のジェイク(ラッセル・クロウ)は、男手ひとつで育てる幼い娘・ケイティとの物語を綴る。20年後、大人になったケイティ(アマンダ)は、父の大ファンだという青年に出会い――というストーリーで、映画『幸せのちから』のガブリエレ・ムッチーノが監督を務めている。

来日中のアマンダは、真っ赤なミニワンピース姿で登場し、「みなさん、温かく迎えてくれてうれしい」と観客からの拍手に笑顔。映画『レ・ミゼラブル』で共演したラッセルと現場での共演はなかったそうだが、「役への命の吹き込み方は、やっぱり素晴らしいですね」と称えながら、「初めて脚本を読んだ時、素晴らしい出来で心にツンと響いた。私にとって本当に大切な作品。多くの人に響くと思う。非常に美しい過去との向き合い方をする希望にあふれた作品です」と胸を張ってアピールした。

また、イベントには、"日本の娘代表"として明石家さんまを父親に持つIMALUが登場。幼い頃からさんまと映画を見に行っていたというIMALUは、「字幕の漢字が読めないから、隣りで声を変えながらアフレコをしてくれた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.