くらし情報『岡田准一、揺るぎない“変人”の矜持 山田涼介「目指します!」に見せた背中』

2021年10月20日 10:00

岡田准一、揺るぎない“変人”の矜持 山田涼介「目指します!」に見せた背中

岡田准一、揺るぎない“変人”の矜持 山田涼介「目指します!」に見せた背中

2016年3月、第39回日本アカデミー賞の新人俳優賞でプレゼンターを務めた岡田准一は、受賞した若手俳優たちに向けてこんなメッセージを送った。

「これからこの方々が日本映画界を支えていくことになると思います。素晴らしい方々に出会って、いい年の取り方をしてほしい」

その中の一人、当時23歳の山田涼介は目を輝かせながら、事務所の先輩でもある岡田に向けて「目指します!」と精一杯の思いをぶつける。その誓いから約5年半。2人が初共演を果たした映画『燃えよ剣』が、10月15日にいよいよ公開を迎えた。

同作で新選組の“鬼の副長”こと土方歳三を演じた岡田。一方、そんな土方を慕う沖田総司役に起用された山田は“最強の剣士”を全うすべく、岡田に殺陣の稽古を願い出る。「目指します!」という後輩の熱い思いを受けとめたあの日から時を経て、岡田は山田とどのように向き合ったのか。そこには新選組の鉄の掟のごとく、“変人”としての矜持が宿っていた。

○■映画『燃えよ剣』は「奇跡のような作品」

――土方歳三は、「いつか自分が演じるかなと思っていた唯一の人物」だったそうですね。

現場の雑談で決まったんです。プロデューサーの方と監督の3人で話しているときに、監督から「次、どんな役をやりたい?」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.