くらし情報『ソチ五輪で最も印象に残っている日本人選手、羽生結弦と浅田真央どっち?』

2014年2月28日 14:43

ソチ五輪で最も印象に残っている日本人選手、羽生結弦と浅田真央どっち?

ソチ五輪で最も印象に残っている日本人選手、羽生結弦と浅田真央どっち?
日本人選手による数多くの名シーンが誕生したソチ五輪。氷上や雪上での己との戦い、ライバルとの戦い、仲間たちとたすきをつなぐ戦い……。テレビなどで観戦していても、選手たちが織り成すドラマに胸が熱くなった人も多いのではないだろうか。そこで、マイナビニュース会員300名に「ソチ五輪で最も印象に残っている日本人選手」を聞いてみたので、理由とあわせて紹介する。

ソチ五輪で最も印象に残っている日本人選手を教えてください。

1位 浅田真央(フィギュアスケート) 47.3%
2位 羽生結弦(フィギュアスケート) 22.0%
3位 葛西紀明(ジャンプ) 13.7%
4位 上村愛子(モーグル) 4.0%
5位 平野歩夢(スノーボード) 3.3%

■浅田真央
・「あのショートプログラムがあったからこそのフリーの演技だと思うけれど、ドラマチックすぎて泣ける」(29歳女性/金融・証券/営業職)
・「トリプルアクセルが飛べてよかった」(27歳女性/小売店/営業職)
・「エキシビジョンの笑顔が印象的だった。楽しく滑っている顔を見られて本当に良かった」(25歳女性/商社・卸/事務系専門職)
・「泣き顔と笑顔に感動したから」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.