くらし情報『『ヤング ブラック・ジャック』、第6話のあらすじと先行場面カットを紹介』

2015年11月5日 07:00

『ヤング ブラック・ジャック』、第6話のあらすじと先行場面カットを紹介

『ヤング ブラック・ジャック』、第6話のあらすじと先行場面カットを紹介
2015年10月よりTBSほかにて放送開始となったTVアニメ『ヤング ブラック・ジャック』。手塚治虫の名作『ブラック・ジャック』の主人公である奇跡の天才外科医ブラック・ジャックこと間黒男の若かりし頃の姿を描く本作より、第6話「ベトナムにて その3」のあらすじと先行場面カットを紹介しよう。

○TVアニメ『ヤング ブラック・ジャック』、第6話のあらすじと場面カット

#06「ベトナムにて その3」
米軍の軍医による手術で、命を救われたスティーブ。翌朝、彼の姿が見当たらなくなっていた。ずっと意識が混濁したままだったため、いまだ自分が捕虜のままだと思っているのかもしれないと黒男は言う。彼を見つけ、説得をしたときに悲劇が起こる。スティーブが地雷を踏んで亡くなったのだ。そんなとき、黒男たちが世話になっている村の外れで、倒れていた人が見つかる。運ばれてきた人物はファンの幼なじみであるアイン。黒男たちが捕まっていた基地の兵士であり、ボブにとっては憎むべき相手だ。そんな彼を黒男や軍医は治療すると言う。自分たちを殺そうとした敵を助けることに納得のいかないボブは……。
(脚本:野崎透 / 絵コンテ:於地紘仁 / 演出:前島健一 / 作画監督:小林ゆかり、申馨植 / 作画監督:片山みゆき、三浦菜奈)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.