くらし情報『『ヤング ブラック・ジャック』、第7話のあらすじと先行場面カットを紹介』

2015年11月12日 01:05

『ヤング ブラック・ジャック』、第7話のあらすじと先行場面カットを紹介

『ヤング ブラック・ジャック』、第7話のあらすじと先行場面カットを紹介
2015年10月よりTBSほかにて放送開始となったTVアニメ『ヤング ブラック・ジャック』。手塚治虫の名作『ブラック・ジャック』の主人公である奇跡の天才外科医ブラック・ジャックこと間黒男の若かりし頃の姿を描く本作より、第7話「苦痛なき革命 その1」のあらすじと先行場面カットを紹介しよう。

○TVアニメ『ヤング ブラック・ジャック』#07「苦痛なき革命 その1」

アメリカにやってきた岡本と黒男。2人はバーミングハム大学記念病院で、名医リーゼンバーグ教授の公開手術を見学する。その病院で岡本は、以前留学していた時に知り合ったティアラと再会し、彼女から黒人解放運動の活動家であり幼なじみのジョニーを紹介される。4人がレストランで食事をしていると、突然、ジョニーを黒人男性2人組が襲う。たまたま発砲された銃弾によってティアラは腹部をケガし、ジョニーも2人組からの暴力により右腕を複雑骨折する。一刻も早くジョニーの手術が必要な状況下の中、執刀医が足りずに黒男たちが困っていると、「私がやろう」とリーゼンバーグ教授が現れる。

TVアニメ『ヤング ブラック・ジャック』はTBSほかにて放送中。なお、TBSでの第7話放送は、11月12日(木)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.