くらし情報『『ヤング ブラック・ジャック』、第9話のあらすじと先行場面カットを紹介』

2015年11月25日 22:38

『ヤング ブラック・ジャック』、第9話のあらすじと先行場面カットを紹介

『ヤング ブラック・ジャック』、第9話のあらすじと先行場面カットを紹介
2015年10月よりTBSほかにて放送開始となったTVアニメ『ヤング ブラック・ジャック』。手塚治虫の名作『ブラック・ジャック』の主人公である奇跡の天才外科医ブラック・ジャックこと間黒男の若かりし頃の姿を描く本作より、第9話「無残帳 その1」のあらすじと先行場面カットを紹介しよう。

○TVアニメ『ヤング ブラック・ジャック』#09「無残帳 その1」

本越大学に、日本の整形外科を牽引すると言われた帝都大の元教授、百樹丸雄がやってきた。事故で両手足を失い、義手で車椅子を動かしながら講義をする百樹。彼は黒男の命の恩人である本間丈太郎先生の教え子であり、黒男とは以前からの知り合いでもあった。久しぶりに再会した黒男は、百樹の研究の手伝いを申し出る。数日後、百樹のもとへ澪という女性が尋ねてくる。百樹と澪の様子を影から見守る黒男と舞子。2人のある話を耳にした途端、舞子は思わず身を乗り出し、飛び出してしまう。そして、澪のおかげで外科医としての自分を取り戻すことを決心した百樹は、帝都大の同期にある手術を持ちかける。
(脚本:森田眞由美 / 絵コンテ:藤本さとし / 演出:西田健一 / 作画監督:興村忠美、LEE JUNG-JON / 総作画監督:片山みゆき、三浦菜奈)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.