くらし情報『新海誠監督、最新作と『君の名は。』『天気の子』の関係「直接つながっていない」』

2021年12月15日 19:31

新海誠監督、最新作と『君の名は。』『天気の子』の関係「直接つながっていない」

新海誠監督、最新作と『君の名は。』『天気の子』の関係「直接つながっていない」

映画『すずめの戸締まり』(2022年秋公開)の製作発表が15日に都内で行われ、新海誠監督、上白石萌音、森七菜が登場した。

同作はアニメーション監督・新海誠による最新作。日本各地の廃墟を舞台に、災いの元となる"扉"を閉めていく少女・すずめの解放と成長を描くロードムービーとなる。九州の静かな町で暮らす17歳の少女・鈴芽(すずめ)は、「扉を探してるんだ」という旅の青年に出会う。彼の後を追うすずめが山中の廃墟で見つけたのは、まるで、そこだけが崩壊から取り残されたようにぽつんとたたずむ、古ぼけた扉。なにかに引き寄せられるように、すずめは扉に手を伸ばす。やがて、日本各地で次々に開き始める扉。その向こう側からは災いが訪れてしまうため、開いた扉は閉めなければいけないのだという。不思議な扉に導かれ、すずめの"戸締まりの旅"がはじまる。

会見では、新作と過去の作品とのつながりにも質問が及ぶ。新海監督は「そういう『アベンジャーズ』的なことを期待している方がいらっしゃるのも知ってはいるんですけど、そんなに直接つながっていないです」と回答。「過去のキャラクターが出てくるかどうかというのはちょっとわからないという風にさせていただきたいんですけど、別に世界線はつながっていない新しい物語です」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.