くらし情報『阿部寛&天海祐希、映画で初の夫婦役! 監督は『家政婦のミタ』脚本・遊川和彦』

2015年12月1日 10:00

阿部寛&天海祐希、映画で初の夫婦役! 監督は『家政婦のミタ』脚本・遊川和彦

阿部寛&天海祐希、映画で初の夫婦役! 監督は『家政婦のミタ』脚本・遊川和彦
俳優の阿部寛と女優の天海祐希が、2017年公開予定の映画『恋妻家宮本』で初の夫婦役で共演することが30日、発表された。

メガホンを取るのは、ドラマ『家政婦のミタ』(11年)、『女王の教室』(05年)、そして現在日本テレビ系で放送中の『偽装の夫婦』(毎週水曜22~23時)の脚本を手掛ける遊川和彦氏で、本作が映画監督デビュー作となる。題材に選ばれたのは、2013年に小説家・重松清氏が刊行した『ファミレス』(日本経済新聞出版)。日本経済新聞の夕刊に連載され、夫婦や親子など人と人のつながりを心温まるエピソードでつづった原作を、大胆に脚色する。

主人公は、中学校教師・宮本陽平(阿部)。息子が結婚して独立し、夫婦2人で生活することになった中、妻・美代子(天海)が隠し持っていた離婚届を発見してしまう場面から物語が始まる。妻に問いただす勇気もなく、突然の熟年離婚の危機に面する宮本。葛藤を抱えながらも、教え子や料理教室の仲間と関わる中で、家族の在り方を再認識していく姿を描く。

中年教師・宮本を演じる阿部は、「遊川さんと天海さんが今まで面白い作品を作ってきたのを一視聴者として楽しませていただいてきました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.